日常の事

蝦蟇(がま)の油売りの話

こんにちわ、カメアリデンタルです。

みなさんはご存知ですか?『蝦蟇の油売り』

恥ずかしながら、知っていたつもりでした・・・

 

以下私の解釈・・・

「ガマ油で作った軟膏。それを売って歩く行商」

恥ずかしいので薄字にしました。(Wikipedia参照)

 

さて、場面は変わり、カメアリデンタルでの出来事に移ります。

当院の中枢の事務室に大きな鏡を設置しました。

gama

素敵な基地に早変わり!!

設置してくれたのは、当院期待の星谷本事務長!

(カメアリデンタル事務長の活躍は こちら をごらんください)

 

私「鏡つけたんですね。すてきですね。」

谷「ガマの油みたいじゃないですか(笑)」

私「そうですね。

 

知らなかったんです・・・

ガマの油売りの大方のとらえは合ってるんですが、

この油の正体は、醜いガマガエルが鏡を前に自分の姿に脂汗をかいたものだそうで・・・

 

一知半解 😛 という言葉がありますが、まさにそれ。

知ったつもりで、大ポカをする。

相手が優しい事務長で本当によかった。

 

患者様だけでなく、日常にも傾聴を心がけるようにしよう。

そう誓った今日この頃でした。

 

 

ページトップへ