歯科の事

歯の限界

こんばんわ カメアリデンタルです。

先日、お口の中をトータルトリートメントさせて頂いている患者様の歯に、

限界が訪れました。

 

それがこの写真です。

DSC_0006

大まかなこの一番左の歯の情報を書きます。

①18歳:激痛が起きてどこかの歯科医院を受診

      よくわからないまま治療は終了。

②21歳:思い出したくない激痛で再度その歯科医院を受診

      よくわからないまま神経を取られ、クラウンに。

③29歳:カメアリデンタルを受診。

      その際に私が担当し、他の場所の治療を完了

この歯に関して・・・

内部の状態こそ分からないものの、

       非常に怖い状態です。無理やり直している感があり、

       壊れる可能性があります。

       しっかりとメインテナンスしましょう。』と説明。

約半年後、痛みを訴えて来院されました。

 

DSC_0006

クラウンが土台ごと外れてしまっていました。

数日たっているので、中は汚れてしまっていますが、

誰が想像できたでしょうか?

 

患者様から嬉しい言葉をかけて頂きました。

『先生がおっしゃっていた歯だと思うんですが・・・・

 割れちゃったんですかねぇ・・・・・』

 

予め説明しておいて良かったと凄く感じました。

 

彼女は、

「虫歯にしてしまう患者さんが悪い」という考えの歯医者さんにあたってしまったようです。

 

①の時点で、この歯が磨けていなかった事が予想できます。

そして、②の時点でも、到底磨けていなかった事が想像されます。

 

我々は「歯」のプロです。

その歯がどういう状態なのか

どうしてそうなったのか

次にそうしない為にはどうしたらいいのか

患者様にきちんとご理解いただかなければいけないのに・・・。

 

先生が最初におっしゃっていてくださったので、大体想像がつきました

そうおっしゃって彼女は笑って抜歯を了承して下さいました。

 

みなさん、歯の未来をご存知ですか?

僕たちの歯は小指の先ほどの小さな歯です。

そう何度も何度も治療出来る程の大きさではありません。

大事にしてあげて下さい。

健康な自分の歯が一番ですよ!

 

sign

 

 

 

 

ページトップへ