歯科の事

歯ぎしりが起こすサイン~後編~

カメアリデンタル DAの岸本です。

先日、歯ぎしりについて触れてまいりました。今日はその続きになります。

 

『歯ぎしりの原因』としては・・・

ストレス発散」のためと言われています。

しかし、現代、ストレスがないという方は、いらっしゃらないですよね!?

そして、歯ぎしりは、自覚がないんです。歯にかかるストレスが蓄積されるのが特徴です。
歯ぎしりと一言で聞くと、

ギリギリ周囲に音を出して迷惑をかける

そんなイメージありませんか?

 

本当の歯ぎしりの意味とは・・・・

歯の寿命を縮めてしまうこと

これが一番の問題です。

 

では、その歯ぎしりトラブルをお伝えしましょう。

 

・知覚過敏

最もよく見かけるトラブルで冷たい水が特定の歯だけしみる

・歯の破折

歯が折れたり、欠けたりすること。白い樹脂やセラミックなどの被せものが欠けてしまう

・歯周病の悪化

就寝中は、歯を休ませる時間です。

歯ぎしりをすることで、左右に揺らされ

歯周病を加速度をつけて進行させます

・歯の動揺

歯を抜歯する際に左右に揺らしながら抜くのを御存知ですか?

その、引っ張る動きにそっくりなんです。

それは歯にダメージになりますよね・・・

就寝中は、噛む力をコントロールする意識が外された状態で、

意識がある状態で噛むときの何倍もの力で噛みしめたり、

顎が外れそうになるほどに左右に動かして、擦り合わせていることもあります。

そのために何倍もの力が加わり、奥歯で60㎏以上の力が加わったとしても、

本人は、覚えていないんです。

 

 

改善方法は!?

歯の治療の後に時折起こる、一時的な歯ぎしりなら、調整すれば直ぐに改善します。

 

軽度の場合

歯の負担になる部分を削って調整することができます。

 

重度の場合

就寝中、歯ぎしりをしても歯がダメージを受けないように、マウスピースを作って歯を守ります。

 

何よりもストレスを無くすことが一番良いです!

ですが、これは一番難しい問題ですよね。

 

私たちカメアリデンタルでは

まず、患者様に合った改善方法患者様と一緒に考えます。

是非ご相談ください。

 

そして、8020運動

80歳になっても20本のご自分の健康な歯で物を噛むために何が必要でしょうか。

検診が必要なんです。

 

是非、検診にいらしてください。

お待ち申し上げておりますm(__)m

 

カメアリデンタル 岸本

ページトップへ