歯科の事

年の瀬に、患者様が思うこと

年の瀬に患者様が思うこと

 

これをテーマにお話をしてまいりたいと思います。

私が年の瀬の駆け込み患者さんを拝見している中で、実際に聞いた御意見です。

 

主な3つを書きますね。

 

①そろそろ行かなきゃな、って

 

②年内に○○しとかなきゃな、って

 

③年内に治療終わらせなきゃな、って

 

歯医者は時に優しく。

時に厳しいものでなければなりません。

なぜなら、「それでいいんだ!」と誤解させてしまうからです。

 

1つづつ紐解いていきたいと思います。

 

①そろそろ行かなきゃなって

→→ それなりに期間も経っており、新しい虫歯が水面下で発生している可能性があります。

歯石が一般的より強く歯についている場合もございます。

一般的に30分でそれが出来るのは歯石の沈着が浅い、通常のメインテナンス患者様だけです。

そこまでの診査診断処置説明を、一回三十分のご予約では出来ない場合がございます。

 申し訳ありませんが1回で終わるとはお約束できかねます。

 

②年内に○○しとかなきゃなって

→→ 年内にまず、こよう!と思ってくださる方は歓迎しています。

ですが、実際に親知らずの抜歯を希望されておいでで、

抜いた後の違和感のある期間を度外視している方がいらっしゃいました。

 できることなら、まずは検診をするつもりでお越しになる方がよろしいかと思います。

 

③年内に治療を終わらせなきゃなって

→→ 経験上、こうおっしゃって終わった方は非常に少ないです。

なぜなら、「なぜほおっておいてしまったのか

これを考えましょう。

短期間で治したいのは分かりますが、虫歯の本数を考えて、

出来る限り善処しますが、お約束は出来ません。

    可能な限りの処置を講じます。一度検診においで下さい。

年の瀬は忙しいものです。

ですが、思い切って歯科に時間を割いてみませんか?

知らない発見があるかもしれませんよ?

 

最後になりますが、

カメアリデンタルは皆さんの味方です

 

順序立てた治療をしっかり御提案しますので、

是非一度足をお運びください。

 

sign

ページトップへ