歯科の事

対症療法をうけていませんか?

みなさん、「対症療法」をご存知ですか?

 

対症療法(たいしょうりょうほう)とは、疾病の原因に対してではなく、主要な症状を軽減するための治療を行い、自然治癒能力を高め、かつ治癒を促進する療法である。姑息的療法とも呼ばれる。転じて、医学以外の分野において「根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること」という意味で用いられることがある。

対症療法に対して、症状の原因そのものを制御する治療法を原因療法という。

~Wikipediaより抜粋~

 

ただ、結構衝撃的なことが書いてあります笑

 

姑息的治療  とか笑

根本対策から離れて、表面のみの対応 とか笑

 

治療に臨んでいて、

「歯周病治療を受けたことがあります」とおっしゃる方がたまにいらっしゃいます。

①いわゆるメインテナンスを歯周病治療と称している場合

②抗菌薬を入れて症状を鎮静することを繰り返していることを治療と称している場合

 

上記の2つが一般的なんですが・・・・

②の、薬漬けが怖い・・・

DSC_0573

右上の奥歯の歯周病治療を10年以上行ってきたというケース。

(メンテナンスは別ですが、そんなにかかりませんw)

 

DSC_0574

対症療法を繰り返し、治らないということで転院してこられましたが、

触っただけで、排膿してきました。

(排膿:膿が体から排出されること)

 

今この奥歯はほかの歯を目下巻き添えにしているところでした。

 

適切な歯周病治療を受けられる施設は決して多くありません。

みなさんご注意を!

ページトップへ