歯周病、放置してませんか?

歯周病が原因で生活習慣病が発症

アメリカのインディアナ大学の研究では、歯周病菌は歯周ポケットから毛細血管に侵入し、血流にのって全身を駆け巡り、からだのあちこちで慢性炎症をひきおこすことが判明しています。

また、フィンランドの研究では脳内の動脈瘤が破裂した患者の患部からは歯周病菌をはじめ、歯周病治療関連菌、口腔内細菌が多数見つかったそうです。慢性炎症が重大疾患を引き起こすことは、最近よく耳にするメタボリックシンドロームの発症メカニズムとほぼおなじことを意味します。

 

太っていなくてもメタボに

肥満が進行するとこのメタボリックシンドロームを発症することは一般によく知られたことですが、たとえ、太らなくても短期間でみなさんの体はメタボリックシンドロームと同様の状態になってしまうのです。

歯周病菌による慢性炎症が、口のなかだけではなく、からだのどこの部分でも起こりうるというわけです。

歯医者で歯周病といわれたのに、そのまま放置してると、生活習慣病にかかるリスクがたいへん高くなってしまうんですね。今日はお口の中の健康とカラダ全体の健康の関連について簡単にお話ししてみました。

カメアリデンタルには経験を積んだ歯科医師はもちろん、歯周病に関する学会から認定を受けた歯科衛生士も複数おります。

せっかく専門の医療技術者がいるのですから、亀有のお近くの方にはぜひご利用いただきたいと考えております。

ご連絡はお気軽にどうぞ。

 

カメアリデンタル 院長