インプラントをお考えの方へ

他院で断られた方でも
お気軽にご相談ください

従来の歯科医療においては、歯が抜けたら、義歯やブリッジなどで抜けた歯をカバーしてきました。しかし、これらは、あくまで歯茎の上の治療。歯の根っこ(歯根)を取り戻すことはできず、結果的に、顎の骨がやせてしまったり、合わない義歯の再調整を繰り返す場合があるというデメリットを抱えています。
歯は再生ができません。しかし、自分の歯と同じような噛み心地が再生するインプラント治療技術がめざましく進歩しました。顎の骨の薄い方でも、骨再生技術が進歩したことで、失った美や健康を取り戻すことができるようになっています。

自分の歯を取り戻すという発想

  • 私たちの永久歯は、一度抜けたらまた生えてくると言うことがありません。
    しかし、ここ10年余で歯科治療は急速に発展。今では、チタン製の人工歯根を安全に埋入し、その上に歯をかぶせ、自分の歯と同じように再生するインプラント治療技術がめざましく進歩しました。

インプラント治療の流れ

インプラント2回法

2回法とは、インプラントを2回の手術に分けておこなう治療法です。治療に要する期間が1回法に比べ、長期になります。
ただ、時間をかけて治療がおこなうため、感染症のリスクが低く、顎の骨が弱い方など多くの症例に対応することができる治療法です。

  • 1.診査と治療計画

    顎の骨の硬さや、インプラントに必要な歯の本数など、患者さまはそれぞれ条件が異なります。
    そのため、レントゲン・CT撮影などの診察を通して、お悩みやご不明点を解決していただき、患者さまに合った治療の在り方を計画していきます。

  • 2.インプラント体の埋入(1回目の手術)

    インプラント体を埋め込む箇所の歯茎を切開し、ドリルで顎骨に穴を開け、インプラント体を埋め込みます。そして、埋め込んだ箇所の歯茎を縫合します。
    局部麻酔を施すため、手術中に痛みを感じることは、ほぼありません。

  • 3.インプラントと骨の結合(治癒期間)

    「治癒期間」と呼ばれ、骨の中に埋め込まれたインプラントが骨と結合する期間です。
    結合期間は、インプラントの種類、骨の健康状態、体調などによって異なります。
    一般的には、3か月~6か月といわれております。

  • 4.人工歯の装着(2回目の手術)

    2回目の手術では、インプラント体を埋め込んだ箇所の歯茎を再び切開し、インプラント体の頭を露出させます。インプラント体と繋がるアパットメントという連結器具を取りつけ、その上に人ご自身の歯の形・色に合わせた人工歯を作り、取りつけます。

  • 5.アフターケア

    インプラントは、骨としっかり結合しているものの、天然歯に比べ、粘膜との結合が弱く、感染症のリスクがあります。そのため、患者さまご自身での、歯みがきなどの日々の口腔ケアが必要です。しかし、治療後の良好な状態を保つためにも、定期的な歯科でのメンテナンスが欠かせません。当院では、患者さまの歯と歯茎の健康を保つためのサポートを医師・スタッフがおこなってまいります。

インプラント1回法

1回法は、インプラントを1回の手術でおこなわれる治療法です。2回法に比べ、手術の回数が少ないため、身体への負担が少ない状態で治療が可能となります。

  • 1.診査と治療計画

    1回法の治療は、2回法とは違い、インプラントの一部が歯茎から露出した状態が治療の過程で続きます。全ての患者さまが1回法での治療が適しているわけではございませんので、その点を含め、患者さまへの診査と治療の計画をおこないます。

  • 2.インプラント体の埋入

    2回法と同様、インプラント体を埋め込む箇所の歯茎を切開し、ドリルで顎骨に穴を開け、インプラント体を埋め込みます。このとき、連結部分のアパットメントも取りつけ、歯肉の上に露出した状態にする点で2回法とは異なります。

  • 3.インプラントと骨の結合(治癒期間)

    2回法と同様に、3か月~6か月の治癒期間が必要になります。インプラントと骨の結合が確認された後、患者さまに合わせて作成した人工歯を取りつけて、全ての治療が完了となります。

  • 4.アフターケア

    2回法と同様に、治療後の良好な状態を保つためにも、定期的な歯科でのメンテナンスが欠かせません。当院では、患者さまの歯と歯茎の健康を保つためのサポートを医師・スタッフがおこなってまいります。

ガイデットサージェリー

CT撮影による患者さまのデータをもとに、3D画像を作成。コンピュータ上で3Dを用いて正確な口腔状態を把握することができ「どこにどのようにインプラントを埋め込むのか?」など、手術前にシミュレーションをおこなうことができます。これにより、さらに正確で安全な手術の実現が可能となりました。

ガイドの製作法

上記のシミュレーションにより得たデータから、3Dプリンターを用いて、樹脂製のマウスピースを作製します。患者さまの歯ならびと同じものを用意し、正確な手術を実現することができるようになりました。
医者も、インプラントを埋め込む場所を正確に把握することができるため、手術時間の短縮が可能となり、その結果、患者さまの身体への負担が軽減されました。

GBR骨再生術

顎の骨が弱い、薄いという理由で、インプラント治療を諦めなければならないケースが以前はありました。
しかし、当院では、そんな患者さまの問題を解決するための技術を有しております。

それが「GBR骨再生術」と呼ばれ、自分の骨(自家骨)を採取・移植したり、
骨補填材(人工骨)を用いたりして、インプラントの埋め込みに必要な骨を補う(再生させる)方法です。

補う(再生させる)ことにより、通常通り、2回法、1回法でのインプラント治療が可能となりました。

GBRの流れ

  • Step1.インプラントの埋入

    骨が足りない部分に、インプラントを埋め込みます。このとき、インプラントの表面は歯茎から露出している状態になります。

  • Step2.自家骨または骨補填剤を入れ、人工膜で覆う

    インプラントを支柱代わりにし、局部麻酔を施し、歯茎を切開します。必要な箇所に粉砕した自分の骨(自家骨)や骨補填材(人工骨)を注入し、その箇所を骨再生を促すためのメンブレンと呼ばれる人工膜で覆い、その後、歯茎を縫合して骨再生を待ちます。

  • Step3.歯肉を戻し、骨の再生を待つ

    骨の再生速度に個人差はありますが、一般的には4か月~6か月程度で再生されるといわれております。骨はゆっくりと再生していくため、患部に余計な刺激を加えないことが大切です。

  • Step4.人工の歯を装着

    骨の再生、インプラントの固定が確認できると、人工の歯を作製して装着します。新しく骨が再生され、骨を覆う歯肉も自然な印象が生まれます。

カメアリデンタルインプラント
の特徴

  • 自分の歯と同じような噛み心地、美しさ

    義歯のように取り外す事も無く、歯が抜ける前の状態により近い噛みごこちと美しさを取り戻します。

  • 手術室完備

    インプラント治療のための設備と、技術をもった専門家で治療にあたります。

  • 短い時間で安全なオペレーション

    手術時間を短くすることでストレスが最小限となるよう最善を尽くします。

  • 丁寧・確実な治療

    インプラント埋入手術後、インプラント体の周りに骨ができるまで(人工歯根と骨が一体になるまで)時間をおきます。

  • 安心の10年保証

    インプラント体の10年保証をしています。

  • ※定期メンテナンスの受診が保証を受ける際の必要条件となります。
  • ※補綴物の保証期間は5年間です。

緊張してしまう方、
血圧が高めの方など、
ご希望により麻酔医の立ち会いも可能です。(料金別途)

ページトップへ