歯科の事

夏 虫歯真っ盛り

夏も7月半ばを過ぎ、忙しくなる方、逆に余裕のできる方、様々だと思います。

先日書かせて頂きました。

『虫歯は『痛み』では判断できない?!』←←こちらからどうぞ

という記事がありましたが、

当然、痛みはありませんでした。

そして水飲んでもしみないそうでした。

DSC_8919

どうしてこんなになるまでほうっておいたのでしょうか??

 

DSC_8918

どうしてこんなになるまでほうっておいたのでしょうか??

 

その理由はたくさんあるかと思いますが、

おもな原因を3つお教えします。

視覚の錯覚

 実際には、この写真のようには目にうつりません。

真上からではなく、斜め前方から見る形になります。

 目で見てわかる程になれば、相当進行したものです。

 

自己診断の錯覚

虫歯すべてに痛みがあるわけではありません→詳しくはこちら

穴が開いた状態は、危険信号と思っていませんか?

穴が開いたら、アウトの事もたくさんあります。

 

常識の錯覚

小さいころから歯医者に殆ど連れてきてもらえなかった方。

予防治療の経験のない方が増えていらっしゃいます。

当然、ご存じなければ歯医者に来る習慣はなかなか生まれないはずです。

 

写真の黒くなってしまった2つの虫歯

DSC_8919DSC_8918

どちらも神経まで冒されてしまっています。

歯の心臓ともいえる、神経をとって、歯はもろくなってしまいます。

歯にも一生があります。

早い時点でこのような歯が増えてしまえば、

若くして、抜歯をされてしまうことにもつながってしまいます。

 

いまからでも遅くありません!

この機会に

ご相談ください。

メール相談はこちらからどうぞ

sign

 

ページトップへ